今すぐ借りられるカードローン検索

年金生活者でも借りれるカードローンって?

今は年金生活者で、無職です。
年齢は70代。
カードローンを借りたことは何回もありました。
最初は30代のころです。その後は60代で借りました。

横銀で借りた

お金を借りたのは横浜銀行です。
いつも付き合っている銀行でしたから。

お金を借りる手順

最初は総合口座で借りました。
それもいっぱいになり、その後はカードローンを借りることになりました。

借金額

最初は3万円でした。それを給料をもらうとすぐ返しました。
そのころはよく遊んでいました。
ギャンブルも競馬、パチンコ、マージャン等でした。
これで負けると小遣いが足りなくなるのです。・
これらで借りてまたギャンブルです。
給料をもらうまでのつなぎでした。
3万円を最初に借りて、その後また3万円を借りて6万円まで行きましたね。

お金を借りるのは恥ずかしい・・・

カードローンを借りたときは、ちょっと気恥ずかしい感じでした。
しかし借りて、返してていうことを繰り返しているうちには罪悪感はなくなりました。
金利も高いので、いいお客さんだという感覚でした。
カードローンはカードで借りるので、隣の人にも何をしているのもわかりません。
キャッシュカードで下ろしているという感覚でした。
慣れるにしたがって普通の取引をしているという感覚でしたね。
ボーナスをもらったら完済すればいいやというと思っていました。
現にそういう生活を3年ほどやっていました。
若い働き盛りだったからできたのでしょう。

借金は小遣い程度まで!

お金をカードローンを借りるのは小遣いの範囲の借入に留めるべきだと思います。
そこで金利が高いので、お金が入った時は随時返済で少しでも返してしまうことです。
借りているお金が少なくなれば、その分金利が安くなります。
後はボーナスなんかが入れば即完済することをお勧めします。
しかしこういう生活をするのもせいぜい2~3年でしょう。
そのうちに飽きてきてしまいます。
まとまったお金を借りるのあればちゃんとした審査を受けなければなりません。
こういうお金は自動車ローンとか住宅ローンとかリフォームローンでしょう。
これは金額がはるのでちゃんとしたローンで借りることになりますね。
カードローン等で借りるのはあくまでちょっとした金額です。
これも積もり重なってくると、すぐ10-万円くらいまで膨らみます。
10万円を超えたら要注意です。
これを超さないようにした方がいいと思います。
生活費まで借りるようになっては行きすぎです。
あくまで小遣いの範囲内で借りることをお勧めします。
上手に借りれば便利です。
"